▲インタビュートップへ戻る  
         
     
平成22年入社
                 
 

私は現在、研究開発本部に配属になっています。皆さんは研究開発と聞くと新商品の開発をしていると思うはずです。しかし、私の仕事はそうではありません。私の主な仕事は、商品の内容を書面にするという仕事をしています。仕様書というものです。日々、パソコンを前にして仕事をしています。一つの商品にはたくさんの材料が使われています。その材料はどこで作られて、どこで加工されて、どこの会社から仕入れているのか。そのような細かいところまで掘り下げて調べ、仕様書を作成しています。書式も取引先によってさまざまで、書き方も違います。そのためには柔軟な頭を持ち、尚且つ正確な情報の提供が必要になります。
他には2011年よりスタートした、従業員が誰でも新商品の提案が出来る「開発ポスト」というものの管理・運営をしています。サンラヴィアンを全従業員で盛り上げ、成長してほしいという思いから設立しました。
今後は商品開発にも携わっていきたいと思っています。

 

 私の仕事は直接的には商品に関係してくる仕事でありません。しかし、とても大事な仕事だと感じております。縁の下の力持ちという言葉があるように、私の仕事はまさにその言葉にぴったりです。表にはあまり出ることはありませんが、皆さんから必要とされていると感じます。さらに、今までは知らなかったような知識を身につけることが出来ます。自分の価値観、世界観、物事に対する感じ方など、違った角度から見ることが出来るようになります。裏方のような仕事ではありますが、必ず必要とされるというギャップに魅力を感じます。
また、サンラヴィアンはとても仕事のしやすい環境だということも魅力のひとつではないでしょうか。人間性に長けている人たちが多く、居心地のいい職場だと思います。

 
 
 

 私は小さい頃からサンラヴィアンの商品を食べながら育ちました。いつもは消費者でした。現在は生産者です。そこが大きな変化だと思います。
生産者側になり、多くのことを学びました。研修中には全てのラインを回り、商品が1から作られていく様子を、実際に、この目で見ることが出来ました。私が小さい頃、美味しく、尚且つ安全にサンラヴィアンのお菓子を食べることが出来たのも、従業員1人1人の努力と配慮のおかげなのだと気づきました。並々ならぬ汗と涙の結晶が、ひとつの商品としてお客様の手に届く、これはすばらしいことだと思いました。現在では、より多くのお客様にサンラヴィアンのお菓子の素晴らしさを伝えたいと思いながら仕事に励んでいます。
また、私は現在サンラヴィアンに勤めながら、三菱自動車水島FCというサッカーチームに所属しております。仕事を終えてから練習に行っています。基本的に火曜日〜金曜日は練習、土曜日と日曜日は試合というスケジュールです。会社も私がサッカーをしていることを応援してくれています。とても感謝しています。
2011年より三菱自動車水島FCは中国地方5県を対象とした中国地域リーグで戦います。サンラヴィアンがスポンサーをしているネクスファジアーノとの対戦もあります。とても楽しみです。応援に来てくださる方は、三菱自動車水島FCのホームページより会場や試合時間のチェックが出来ますのでご覧ください。URL http://www.red-adamant.com/
お菓子もサッカーも両方極めていけるように、これからも努力を重ねていきます。

 今は就職氷河期と呼ばれるほど、内定率が下がっています。それだけ個人の能力が試され、必要とされる人材のみしか生き残ることが出来ません。しかし、人材を欲しがっている会社もあります。狭い視野で見るのではなく、社会全体を見て、自分のやりたい仕事を探すべきだと思います。迷ったときはいろんな人に相談をして、意見を聞き、自分にとって最善の道を選んでください。自分でも思ってもみないような職業に興味を持つことがあります。それが自分にとっての最善の道なのかもしれません。
しかし、自分にはこの職業しかないと思う人もいると思います。そのときはとことん自分を表現してチャレンジしてみてください。私の好きな言葉で「だめでもともと。しかし、時々成功するから人生は面白い」という言葉があります。どんな困難にもチャレンジしてみるからこそ、その成功に自信がついてきます。その自信は今後の人生に大きく影響してきます。人生は1度しかありません。自分の納得のいく生き方を見つけることも就職活動なのだと思います。
私は今の職業に納得しています。皆さんも自分の納得のいく就職活動にしてください。